商品カテゴリーで選ぶ

手彫り 個人用

手仕上げ 個人用

機械彫り 個人用

個人用 実印

法人用 役職印

法人用 角印

チタン

季節の商品

かわいい絵柄はんこ

手仕上げ 絵柄はんこ

印鑑ケース

ゴム印

はんこ関連

その他

手彫り 実印 個人用

お買いものガイド

  • お支払い方法
  • 送料
  • よくあるご質問
  • 特定商取引法に関する表記
はんこの雑学

TOP > はんこの雑学 >

お役立ち話

はんこの歴史や、豆知識、役に立つ話などをご紹介していきます。

  • はんこの歴史
  • はんこの豆知識
  • お役立ち話

ペイオフ

ペイオフとは金融機関が万一破綻した時に預金保険機構が、一預金者1000万円までの預金とその利息を保護する仕組みのことです。

逆に言えば1000万円を越える部分に関しては保護されないということです。

例えばAさんがある破綻した銀行に3つの口座を持っていたとします。それらの口座はそれぞれ1000万円を越えていません。なので預金は全額保護されるとかというと、そうはなりません。名寄せといって同一名義の口座は合算されてしまうのです。合算して1000万円を超えた部分に関しては保護の対象外となります。

一方、家族名義の口座はどうかといいますと、これは合算されることはありません。家族といえども財布は別と考えてもらえます。

しかししかし、ここからやっと「はんこ」の話になるのですが、家族名義の口座でもAさんと同一の銀行印で登録していては恐怖の名寄せの対象となる危険性があるのです。そうなると預金を合算して1000万円を越えた部分に関しては保護の対象となりません。

ということで、何が言いたいかと申しますと、家族だからといって、銀行印の管理が大変だからといって、家族みんなで同じ銀行印を使わない方がいいですよ。という事なんです。

1つの口座に1つの銀行印、これを原則としていただくのがペイオフ対策に限らず、盗難・紛失の面からも一番安全ではないでしょうか。