商品カテゴリーで選ぶ

手彫り 実印 個人用

手仕上げ 実印 個人用

手彫り 個人用

手仕上げ 個人用

機械彫り 個人用

法人用 役職印

法人用 角印

チタン

季節の商品

かわいい絵柄はんこ

手仕上げ 絵柄はんこ

印鑑ケース

ゴム印

はんこ関連

その他

お買いものガイド

  • お支払い方法
  • 送料
  • よくあるご質問
  • 特定商取引法に関する表記
店主ブログ

TOP > 店主ブログ >

令和元年度 京の名工展

令和元年度 京の名工展

令和元年度 京の名工展  ~京の伝統工芸品、匠の技にふれる5日間~

10月23日()~10月27日()までの5日間にわたり「京の名工展」が京都文化博物館で開催されました。

河政印房の河合良彦と河合祥子も京の若手職人「京もの認定工芸士」(京印章)として出展しておりました。

 

京の名工展 河合良彦 河合祥子 作品展示.jpg

作品は上の画像のように二つの作品が並んで展示されていました。

額や敷いた紙など色味が対称となるようにしてあります。


「京の名工展」では京都の伝統工芸が多業種にわたり、超ベテランから若手までの作品が展示されます。

 

京の名工展01.jpg

京都文化博物館の5階、京の名工展の入り口にある看板です。


 

京の名工展01 開催前日.jpg

開催前日の会場の様子です。
ほとんどの搬入を終え、京都府の職員さんたちがより良い展示になるよう、細心の注意を払いつつ奮闘されていました。
左から入ると奥までずらっと「京の名工」の作品が並びます。
右が若手職人「京もの認定工芸士」の作品が並びます。
順路で言うと、最後になります。
私たちの作品もこちらに置かれています。

 

詳細は下記にリンクを貼った京都府の「京の名工展」についてのページをご覧下さい。

https://www.pref.kyoto.jp/senshoku/news/r1meikouten.html


一部抜粋します。

平安建都以来、千年を越える悠久の歴史の中、政治・経済・文化の中心地であった京都には、優秀な職人たちが数多く集まり、多くの目利きたちに支えられ、創造を重ねる中で、日本を代表する優れた染織品や工芸品が生み出され育まれてきました。

今日においても、京都の伝統産業は、長い歴史の中で培われた伝統の意匠と全国に誇る高い技術を持った職人さんたちの手で支えられています。

◇京都府伝統産業優秀技術者

京都府では、多年にわたり伝統産業に従事し、優れた技術をもってその発展を支えてこられた職人さんを「京都府伝統産業優秀技術者―京の名工―」として、昭和36年から知事表彰を実施してきました。

◇京の若手職人「京もの認定工芸士」

京都府では、西陣織や京仏壇・京仏具、京漆器など「京もの指定工芸品」34品目の従事者のうち、特に技術に優れ、意欲ある若手職人を対象に、「京もの認定工芸士」の称号を授与しております。

 

 

そして下の画像は河政印房の河合良彦と河合祥子が出展した作品となります。

 

京の名工展 河合祥子 寿.jpgのサムネール画像

河合祥子の作品で「寿」です。
小篆(しょうてん)という書体です。


京の名工展 河合良彦 閑情淡遠.jpg
河合良彦の作品で「閑情淡遠」(かんじょうたんえん)です。
印篆(いんてん)という書体です。
シンプルではあるが、浅くない。
もの静かで、淡白なようでも、深みがある。
というような意味です。
作品自体も派手にならないような書体や意匠にしながら、筆意や結体など細かなところに調和のとれた品位が感じられることを意識し、彫り上げました。


 

これらの作品は通常は河政印房の店舗に展示してありますので、ご興味をもたれた方は是非ご来店下さい。

最後となりましたが、ご来場頂きました皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

河政印房 店主 河合良彦


2019.10.28

河合良彦

初めまして。当店3代目の河合良彦です。まだまだ未熟な点もございますが、お客様にご満足いただけるよう精一杯頑張らせて頂きます。

カテゴリ
アーカイブ